特許・商標の現在起っている問題・気になる問題の解決

弁理士紹介

弁理士

松永宣行 (まつなが・のぶゆき)

松永特許事務所 所長

profile

大阪工大(工)・法政大学(法)卒。電機鉄工会社・設計コンサルタント会社勤務。弁理士登録後法律特許事務所において出願及び訴訟の実務に従事。松永特許事務所開設後は特許(機械、土木・建築)・商標の出願、相談、鑑定、内外の訴訟を担当。

特許や商標をめぐるトラブルには、起きたこと自体に問題がある場合や見方・考え方・解決の仕方に問題がある場合があります。解決を急ぐより、放っておかないこと、初めから裁判に委ねようとしないことが大切。裁判による解決は、起こるトラブルの数に比べてごくわずか。これは、私の経験からも言え、“訴訟プラクティスの例”(http://www.matsunaga.com)を挙げて参考に供します。譲れないことの一部を譲り、トラブルを拡大しないことが賢明で、無駄な時間と費用を排します。専門家の豊富な知識や経験をトラブルの予防と解決に活用し、本来の業務に専念されるよう願っています。

弁理士

香取孝雄 (かとり・たかお)

香取国際特許事務所 所長

profile

電気通信大(電子工学科)卒。沖電気工業株式会社(設計・開発)を経て特許事務所に勤務して弁理士登録。特許事務所では主として内外国特許出願の実務に従事。香取国際特許事務所開設後は特許(通信、電子デバイス、画像処理、情報処理、機械)の出願、調査、鑑定、審決取消訴訟に従事。

特許、とくに通信や電子デバイス、情報処理などの分野で、例えば権利の技術的範囲の解釈など、問題解決の手助けができれば幸いです。基本的には、問題発生後に対応するよりも、問題発生を未然に防ぐことが肝要と考えます。技術的範囲の可能性を広く考慮しながら、たとえば製品実用化前に調査や出願をしておくことが紛争の防止と解決にとって大切です。

弁理士

古関 宏 (こせき・ひろし)

古関特許事務所 所長

profile

慶應義塾大学法学部法律学科卒・慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得後退学。特許事務所勤務後、平成5年に事務所開設。国内外の商標が専門。

商品を買うとき、何を目印に商品を選びますか。その目印が商標です。テレビをご覧になりますか。民間放送は、無料で視聴することができますが、なぜ事業として成立しているのでしょう。視聴者に対し、スポンサーの商標を繰り返し見せ、その商標を覚えてもらうために、スポンサーが広告料を支払っているからです。商標のおかげで民間放送は成り立っていると言っても過言ではありません。このように、商標は、日常生活に身近な存在です。インターネットが普及した昨今、事業を行う方にとって、商標問題を避けて通ることはできません。どのようなことでも構いません。商標に関する「もめごと」であれば、何でも相談に応じます。

弁理士

中嶋重光 (なかじま・しげみつ)

中嶋特許事務所 所長

profile

大阪大学工学部応用化学科卒。化学会社勤務後特許事務所設立。会社勤務中、社内弁理士として国内外のライセンス及び特許にかかわる争い事、日米の特許侵害に関する裁判にも従事。事務所設立後、化学分野全般(含樹脂の製造、成形、応用)の特許、実用新案、意匠、商標、不正競争及びライセンスを担当。
企業におけるライセンス及び争い事解決に関する豊富な経験を背景に、正確な状況判断と実践的な考え方に基づいて諸問題への対策をアドバイスしてきました。確かな評価に基づき、権利を尊重して、win-win(双方に得るところがある)解決を考えることが紛争の回避と解決の基本であると思います。それは、当事者にとっては難しいことながら、不可能なことではないし、目指すべき方向だと思うし、争って両者が傷つくだけに終わるようなことがないように支援したいと思っています。

弁理士

戸塚清貴 (とつか・きよたか)

戸塚特許事務所 所長

profile

横浜市立大学(文理学部物理)卒。電子部品会社勤務。弁理士登録後、国内中堅特許事務所及び大手法律特許事務所において弁理士業務に従事。2011年に戸塚特許事務所開設。専門は機械及び物理。

これまで、特許を中心する出願業務のほか、侵害の鑑定、契約関係業務(実施許諾・技術援助契約)等を多数扱ってきました。専門は物理ですので、典型的な機械分野の案件だけでなく、幅広い技術分野でのもめごと解決やその防止のご相談に応じることができます。わが「特許商標もめごと相談」におきましては、他社の権利との間で生じる様々なトラブルの解決のほか、取得されている権利を有効に活用するための助言・指導でもお役に立てると考えております。また、必要に応じて、皆様が強い権利(主として特許権、実用新案権、意匠権)を取得される上でのアドバイスやお手伝いをしたいと考えています。